板東嘉子労務コンサルタンツ
コンテンツメニュー
企業経営者の皆様へ
賃金・評価制度とは
制度構築の流れ
資格等級制度
仕事調べ
労務監査
ROBINS経営労務診断サービス
就業規則がなかったら
プロフェッショナルアウトソーシング

健康保険とは

厚生年金保険とは
雇用保険とは
労災保険とは
助成金を活用しよう
社員研修
自己発見のための社員研修
クレーム対応研修
考課者研修
年金研修
本当に面接だけで大丈夫?
報酬規定
事務所案内・地図
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護のためのお約束
関連リンク


事務カレンダー 新法令・通達の解説 今後の法改正の動き  ROBINS掲載事業者です

 

令和2年12月号

6月のイラスト ブラック企業名公表実施

 同一労働同一賃金に関連した5つの判決が10月に相次いで出ました。中小企業にとって、どのような対応が必要か考察します。

1.判決内容

2.諸手当・休暇
  短時間・有期雇用労働者とすべての通常の労働者との間で、個々の待遇の趣旨に基づき、次のような不合理な待遇差を設けてはいけません
 (1)均衡待遇:職務の内容(業務内容と責任の程度)、職務内容・配置の変更範囲、その他の事情を考慮して不合理な待遇差を禁止
 (2)均等待遇:職務内容、職務内容・配置の変更範囲が同じならば差別的取り扱いを禁止
  均衡待遇を要する場合、当事者が交渉で格差を決定しますが、長期的に働く見込みがあり、職務内容や配置の変更の範囲の具体的な差異をもって格差の程度を説明できるようにしなければなりません。

3.賞与・退職金
契約社員が契約更新により長期雇用が想定され、正社員と職務内容が異ならなければ不合理性ありと判断されることもあるとしつつ、大阪医科薬科大学事件、メトロコマース事件では、契約社員に対する賞与や退職金不支給をやむなしとしました。
賞与や退職金は使用者の裁量判断を尊重する余地は比較的大きいとしながらも、いずれの事件も各待遇の性質や目的と契約社員の状況をもって判断しました。賞与や退職金の目的には正社員を長期的に確保・活用することが含まれ、(1)経験や能力で正社員の基本給が上がる、(2)人事異動を通した正社員の人材育成、(3)実績のある正社員登用制度を行い、正社員を育成していたことが不支給容認のポイントとなったことは、これからの対応を考えるにあたり有用な点になると考えます。

 

※ 同一労働同一賃金の対策は進んでいますか?
お気軽にお問い合わせください。

 
 

過去のトピックス│令和2年11月号
令和2年10月号令和2年9月号令和2年8月号令和2年7月号令和2年6月号令和2年5月号
令和2年4月号令和2年3月号令和2年2月号平成31年12月号平成31年11月号
平成31年10月号平成31年9月号平成31年8月号平成31年7月号平成31年6月号
平成31年5月号平成31年4月号平成31年3月号平成31年2月号平成30年12月号
平成30年11月号平成30年10月号平成30年9月号平成30年8月号平成30年7月号
平成30年6月号平成30年5月号平成30年4月号平成30年3月号平成30年2月号
平成29年12月号平成29年11月号平成29年10月号│平成29年8月号平成29年7月号
平成29年6月号平成29年4月号平成29年3月号平成29年2月号平成28年12月号
平成28年11月号平成28年10月号平成28年9月号平成28年8月号平成28年7月号
平成28年6月号平成28年5月号平成28年4月号平成28年3月号平成28年2月号