板東嘉子労務コンサルタンツ
コンテンツメニュー
企業経営者の皆様へ
賃金・評価制度とは
制度構築の流れ
資格等級制度
仕事調べ
労務監査
ROBINS経営労務診断サービス
就業規則がなかったら
プロフェッショナルアウトソーシング

健康保険とは

厚生年金保険とは
雇用保険とは
労災保険とは
助成金を活用しよう
社員研修
自己発見のための社員研修
クレーム対応研修
考課者研修
年金研修
本当に面接だけで大丈夫?
報酬規定
事務所案内・地図
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護のためのお約束
関連リンク


事務カレンダー 新法令・通達の解説 今後の法改正の動き  ROBINS掲載事業者です

 

平成30年7月号

6月のイラスト ブラック企業名公表実施

 本国会で「働き方改革」法案が審議されています。この中に雇用形態に関わらない公正な待遇の確保、いわゆる「同一労働同一賃金」に向けた内容があります。これを後押しする2つの最高裁判決が6月1日に出ました。今後、労働者の待遇を考える指針として実務に大きな影響が考えられます。

1.2つの訴訟で争点となった労働契約法20条とは
有期労働契約者の労働条件が、契約期間の定めを理由に無期労働者の労働条件と相違する場合、当該相違は労働者の業務の内容及び責任の程度(以下「職務の内容」)当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して不合理と認められるものであってはならない

2.ハマキョウレックス訴訟
一般貨物自動車運送事業を営む被告との間で、配車ドライバーとして勤務する有期契約社員が、正社員との労働条件の相違を公序良俗及び労働契約法20条に反し無効であると訴えた。
無事故手当作業手当給食手当通勤手当皆勤手当について、安全輸送による顧客信頼確保特定作業への対価食事費補助通勤費補填業務円滑化のための皆勤奨励という趣旨・性質に照らし、有期社員への不支給または低額支給は不合理としたが、広域転勤が予定される正社員のみに支給されている住宅費補助を趣旨とした住宅手当不合理でないと判断された。 

3.長沢運輸訴訟
定年退職後、再雇用された嘱託社員が、正社員と同じ業務の内容・責任にもかかわらず、大幅な賃金減額があったことを不当と訴えた。
定年退職者を再雇用する場合
(1)長期雇用は通常予定されていない、
(2)嘱託社員は定年まで正社員として賃金の支給を受けてきた、(3)一定の要件を満たせば老齢厚生年金の支給を受けることが予定されている、
と正社員との違いを指摘し、労働契約法20条の「その他の事情」として考慮し、賃金に関する労働条件を検討できると指摘。会社が老齢厚生年金支給開始まで月額2万円の調整給を支給し、年収が定年退職前の79%程度となるよう配慮している点を重視し、賃金項目について正社員と均衡がとれていると判断した。

 

※就業規則の見直しを行います。
お気軽にお問合せください!

 

 

 

過去のトピックス│平成30年6月号平成30年5月号平成30年4月号平成30年3月号平成30年2月号
平成29年12月号平成29年11月号平成29年10月号│平成29年8月号平成29年7月号
平成29年6月号平成29年4月号平成29年3月号平成29年2月号平成28年12月号
平成28年11月号平成28年10月号平成28年9月号平成28年8月号平成28年7月号
平成28年6月号平成28年5月号平成28年4月号平成28年3月号平成28年2月号